腎臓病の食事療法はご家族にも負担がかかります

腎臓病食宅配

腎機能は一度失われてしまうと元通りにすることができません。

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として排泄する働きのほか、体内の水分や電解質の量や血圧を調整する働きもあります。

腎臓病の食事は簡単にいうと低タンパク質・高カロリーの食事に加え塩分も6g未満に抑えなければいけません。

カップラーメン一つにおおよそ5~6gの塩分が含まれており、1食で1日分の塩分を摂取してしまいます。1度の食事で塩の量はたった2gに抑えなければいけない腎臓病食事療法は、並大抵の我慢では乗り越えられません。

普通の食材では無理なんでしょうか?

一般的なスーパーで売られている普通の食品では毎日の腎臓病の食事療法は困難です。普通のごはんでもタンパク質が多いため、肉や魚などのおかずを減らさなければいけません。お肉やお魚はほんのひと切れ程度。見た目は一口か二口で食べ終わってしまうほどの量しかありません。

その分、他の食材を使い、油や砂糖を使ってカロリーを補わなければ、かえって腎臓に負担がかかってしまいます。言ってしまえば、毎日野菜のかき揚げを食べなければいけないなんてことも出てきます。これでは腎臓病食事療法の意味がありません。

調理時間も料理の種類も今までの倍の時間がかかり、食品も調味料も計量して調理しなければならず、調理する人はかなりの負担が見込まれ、とても素人にはできません。

詳しい腎臓病食事のお話をする前にお急ぎの方へ、腎臓病の食事宅配ランキングです。私もこの宅食サービス3社の冷凍宅配弁当を試食ました。しっかりとした味付けで、健康な方が召し上がっても美味しくたいただけると感じました♪

=====腎臓病食事宅配ランキング=====

腎臓病の食事制限でお悩みの方へ~ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング

腎臓病で食事制限が必要な方に、管理栄養士監修の手作り腎臓病調整冷凍弁当を全国へ宅配するウェルネスダイニング!レンジで温めるだけで簡単!!料理をする方の負担も軽減できます!
たんぱく質・塩分・カリウムに配慮した冷凍宅配弁当が7食¥5,184(税込)でから注文できます。
低たんぱくレトルトごはんも一緒に注文・宅配可能!

公式ページで購入

腎臓病冷凍宅配弁当が1食¥680から【腎臓病食事宅配弁当彩ダイニング】


腎臓病制限食は管理栄養士監修で全メニューたんぱく質10g以下、塩分2g以下でおいしく作っています!お好きな弁当7食選ぶお試しセットが¥4,760(税込)です。7食以上の冷凍宅配弁当注文で送料無料!食べたい時に電子レンジで温めるだけなので食事の準備も後片付けも楽チンです!

公式ページで購入

おいしく手軽にたんぱく質制限冷凍宅配弁当「食宅便ケアシリーズ」

食宅便

日清医療食品は全国の病院・介護施設への食事サービスシェアNO.1。自宅に届く「食宅便」は、冷凍宅配弁当7食セット¥4,340(税込)!食べたい時にしっかり食べて、必要のない時は冷凍庫にストックしできとても便利です。1食に肉魚野菜など20品目が入った栄養バランス!

公式ページで購入

腎臓病の食事療法とは?

腎臓病の食事療法には、病気と食事の双方の知識が大切です。また、食事療法は病気に真剣に取り組み、継続することが大事になってきます。そうなるためには食事療法に対して苦手意識を持たず、むしろ楽しむくらいに気持ちを切り替えてみてください。

食事と栄養について少し勉強する

腎臓病の食事療法といっても、制限ばかりのウンザリした食事だと考えないでください。重要なことは、体調に合わせた食事構成です。正確な知識を勉強し、適正な素材を選択し、調理や味付けにアイデアを出すことで、食事を満足できるものにできます。

調理未経験の方、単身赴任や独身の男の方は、食事療法は煩雑だと考えられるかもしれませんが、食事や料理への理解を深める良い機会になるはずです。これを機に、調理にチャレンジして、料理を趣味にしてください。料理を楽しめるようになるまでは、最初から複雑なメニューに挑むのではなく、普段通りの食事を作ることが大事な点です。

外食でも腎臓病の食事療法可能な場合があります

忙しい現代人の日常では、3食外食で済ます方もめずらしくありません。そんなときも組み合わせや分量に考慮すれば、腎臓病の食事療法を継続することが可能です。外食をする時には、なるべく高カロリーのメニューを選ぶのですが、醤油や塩をかけて塩分の摂り過ぎにならないでください。

外食のメニューごとにカロリーや塩分を調べて、単品物だけでなく、定食のような主食、主菜、副菜のそろった料理を選んでください。医師の指導を受けている方は、外食についても医師や管理栄養士さんに相談してください。

家族の食事と食事制限の料理

食事療法が必要なご家族を持つ方は、ほかの家族と別の献立を考えるより、調味料の使用法などを創意工夫して同じ食材でも味付けを変えたりしましょう。煮物やシチューなどは材料を煮込むところまでは同じ鍋で作り、食事制限の分を取り分けて、別に味付けをします。ドレッシングを使うサラダや酢の物などの和え物も、調味料の量を可能な限り減らしましょう。

肉や魚などの調理では、フライパンで焼かずに網焼きになど、区別して仕上げるなどの方法があります。それから、塩分の少ない冷凍食品や加工食品を利用して副菜を1品増やすなど、調理の手間を減らす事も考えてください。塩分の多い加工食品は、野菜を加えて1人前を2回に分けて使うなどして、1食分の塩分摂取量を抑えることもできます。

腎臓病の食事療法中のお酒とタバコについて

喫煙による体への健康被害は、食事療法を努力したプラスを無慈悲にマイナスにします。食事療法を正しく継続しても、その効果が出なければ続ける意欲をなくしてしまいます。喫煙も飲酒も百害あって一利なしです。病気を患ったことを肝に銘じてきっぱりとやめてください。

すべての病気に通じる減塩について

食塩は血圧を上げる働きがあり、塩分の過剰摂取は動脈硬化を促進する原因になります。また、体に多くの塩分が入り込むとと、体内の塩分の濃度が上昇し、塩分を薄めようとして、水分の排出が阻害されます。それが要因で身体の中に水分が蓄積され、心臓に負荷をかけたり、むくみの要因になります。

塩分を控えた食事を心がけ、健康な人でも1日に10g以下、腎臓病の食事制限中は1日6g以下にしてください。他の病気を併発されている方は医師から指示された塩分量を守ってください。

減塩する方法と心構えを以下に記載しましたのでしっかり読んでください

薄い味付けに慣れる

塩味の薄い料理に慣れることがスタートです。料理に何でも調味料をかけるのではなく、素材の持ち味を味わってください。タニタの塩分計で計測して、自分の味を確認し覚えてください。

漬物・汁物の塩分に気をつける

塩分の多い漬け物や汁物・麺類(ラーメンなど)は、食べる回数と量を減らしてください。漬け物は浅漬けか、塩抜きしたものをたべてください。汁物では野菜などの具だくさんのメニューにすれば、1度に摂取する汁の量が少なくなります。麺類を食べるときは、汁は残しましょう。

上手に塩を使う

料理にはいろいろな味付けを使い、塩味は効率的に使うようにしましょう。塩は出来上がった料理の表面にさっとふりかけると少量でも塩分を味わうことができます。

かけてはダメ「つけて食べる」が正解

しょうゆやソースなどは、かけて食べるのではなく、小皿に入れて付けて食べると塩分の摂取量が抑えられます。

酸味を上手に使う

酸味を上手に使って、料理の味付けを変化させると、塩分を抑えることができます。レモン・ゆず・すだち・かぼすなどの柑橘系の果物や酢を和え物や焼き物に使ってください。

香辛料を多めに

とうがらしやコショウ、カレー粉などの香辛料は、塩分を抑えるサポート調味料です。

香りが大事です

ゆず・大葉・みょうが・ハーブなどの香りのある野菜や、海苔・かつお節などを仕上げに使うと、薄味の料理も美味しく変身します。

香ばしさをプラスする

香ばしさもまた塩分を減らしてくれます。焼き物にしたり、炒った胡麻やくるみなどで和える料理をメニューに加えましょう。

油の味を利用する

揚げ物、油炒めなど、油の味を引き出して食べると味に変化が見られます。胡麻油やオリーブオイルを、食べる前に少しかけることで風味が増し、満足感が得られます。揚げ物は腎臓病の食事制限の中でホームランバッターです。

お酒のアテに注意

酒の肴に合う料理はたくさん塩分が多く含まれているので、食べ過ぎないように。

練りもの・加工食品は食べない

かまぼこ・はんぺん・さつま揚げなどの魚貝類の練りものや、ソーセージ・ウインナー・ハム・ベーコンなどの肉類の加工食品は非常に塩分が多い食品です。食べ過ぎないように。

食べ過ぎはダメ!!腹八分目を守る

せっかくの薄味で出来た料理も、大量に食べれば塩分の量もたんぱく質の量も多くなります。食べ過ぎないように気をつけましょう。減塩しょうゆや減塩みそも、使う量が多ければ塩分も増えます。必ず計量して使うことを心がけてください。

腎臓病になっても食生活の改善ができないと

自覚症状から見つけるのは難しいといわれている腎臓病ですが、もしも食事制限をせず、様々な要因で食生活改善ができないと、のちに人工透析をしなければいけなくなります。透析を始めるとほとんどの方は腎移植を受けない限り、一生続けていかなくてはいけません。(ごく稀に腎機能回復により一時休止する方もいらっしゃいます。)

透析食で気をつけなければいけないポイントは4つあります。

まずは水分と塩分。人工透析は、週に3回4時間以上かけて血液をきれいにしますが、体重を増やさないよう努力しなければなりません。2~3日に一回2000ml~3000mlの体にたまった水分を機械で引くわけですから、透析後は血圧が下がってしまったり、帰宅後も疲れて家事もできずに寝てしまうなど、身体にかなり負担がかかります。お仕事も今までのように働くことができないため、うつになる方もいます。

水分だけ控えればいいのでしょうか

「水分を控えれば塩分は気にしなくてよい」という方もいらっしゃいますが、塩分をとると身体の中で濃度を一定に保とうとする作用から水をひきつけてしまいます。結果、体重増加につながってしまいます。

次に、腎臓病の食事療法に比べ塩分やタンパク質の制限は緩やかになりますが、尿がでにくくなる関係上カリウム制限は最も気を付けなければいけないポイントとなります。万が一、カリウムをたくさん摂取してしまった場合、心臓が止まってしまう可能性があります。

カリウムは水に流れる性質があるため、野菜やイモ類は茹でこぼしをした後に調理するなどのひと手間を加える必要があります。 最後にカリウムのように食べ過ぎてしまうと心停止するという危険性はありませんが、リンを摂りすぎてしまうと骨の石灰化やかゆみなどが生じてしまいます。

身近にたくさんの透析患者様をみてきましたが、想像以上に大変です。人工透析に移行しないためにも、腎臓の機能が少しでも落ちないよう、腎臓病の食事療法を早期から取り入れましょう。

あなたが元気じゃないと周りの人が悲しみます

一日の中で家族がコミュニケーションをとる場の一つに食事があげられます。その食事が家族の食事と明らかに違っていたり、腎臓病のため自分だけ味付けの薄い食事だとテンションも下がってしまいます。元気がなくなると周りの家族や友人も心配したり悲しんだりします。

栄養を摂ることで身体を動かすことができ、生活の中で一番元気になれるのは食事です。腎臓病食事療法の難しい制限食を少しでも笑顔が出るような、おいしい食事にすることが最大のポイントとなります。

自宅に居ながらにして食べられる腎臓病食事宅配サービス

腎臓病の食事療法の中で厄介なタンパク質を特殊な方法で少なくした加工食品や、塩分を少なくした食品をアマゾン・楽天で購入することができます。

こういった腎臓病食事専門の特殊食品を使うことで、家族と見た目は同じ食事を楽しむことができます。ただし、特殊食品や調味料など普通食品とは別に購入するため、調理時間や料理の種類、台所のスペースやご家族の手間などの問題もでてきます。

どうすれば楽に腎臓病の食事療法をできるのでしょか

そこで、管理栄養士がカロリーやタンパク質、塩分などを抑え、バランスよく出来上がった食事(冷凍弁当)を宅配してもらうことで、本人にも調理してくれる家族にもストレスなく暮らすことができます。

腎臓病食事の宅配サービスは管理栄養士の指導で作られた食事が届くため安心してお召し上がりいただけます。3ヶ月くらいは冷凍保存も出来るため管理がとても楽になります。減塩・カリウム・低たんぱく調整食なのに見た目も豪華で健康な方が食べても美味しいと評判です。

腎臓病の食事宅配サービスを使うと

腎臓病食事宅配サービスを利用すれば、ご本人も家族も非常に精神的に楽になります。しかし、腎臓病食事宅配サービスの食事は金銭面的にも多少の負担がかかってくるかもしれません。はじめは利用しても長続きしない患者様を何人か見てきました。

金銭面的には厳しい場合があるかもしれませんが、腎機能が悪化してしまい透析に移行してしまっては元も子もなく、腎機能は一度失われてしまうと取り戻すことができません。管理栄養士が腎臓病の患者様にあった栄養計算をしてくれるため、面倒な計算をしなくてすみますし、プラス要素の方が遥かに大きいと思われます。

アマゾンや楽天から購入した特殊食品と腎臓病食事宅配サービスをうまい具合に組み合わせて、腎臓病の患者様にも家族の方にもお財布にも優しい選択肢をお選びください。まずはお試しで腎臓病食事宅配サービスを利用されてみてはいかがでしょうか。


腎臓病食事宅配ランキング

腎臓病食事宅配サービスは、最初にどの会社に頼んで、どの商品を選べば良いか不安になることがあります。食事というのは人それぞれ好き嫌いがあります。 3~5品のおかずの中にたった一つでも自分の嫌いなものがあれば、途端に食欲もなくしてしまうものです。

そういった点からも、腎臓病食事宅配サービスの会社を順番に一週間ずつ試してみるのもとても有効な方法だと考えられます。

ほとんどの腎臓病食事宅配サービスは、冷凍弁当のメニューは最低でも20種類以上はラインナップされています。 そしてそのメニューの中から自分の好きなものをチョイスできます。

そのような方法で試した後に、自分に合う腎臓病食事宅配サービスの会社を選んで継続的に利用するのがベストではないでしょうか。

ウェルネスダイニング

腎臓病食事宅配ランキング1

ウェルネスダイニング
会社名:ウェルネスダイニング株式会社
本社所在地:東京都江東区亀戸1-5-7-2F
電話番号:0120-503-999

腎臓病や高血圧など生活習慣病で食事療法が必要な方に、管理栄養士監修の手作り腎臓病調整冷凍弁当を全国へ宅配する通販ショップのウェルネスダイニング

レンジで温めるだけで食事が出来上がるので、細かい栄養コントロールや計量などの必要がなく、料理をする方の負担も軽減し食事を思いっきり楽しむことができます。

ウェルネスダイニング

腎臓病制限冷凍弁当が1食¥680から【宅配弁当彩ダイニング】

彩ダイニング

彩ダイニング
会社名:株式会社シニアライフクリエイト
本社所在地:東京都港区三田3-12-14-6F
電話番号:0120-017-814

少量の塩分でも、だしの旨味を効かせ、メインのおかずはしっかりと味付け、副菜は薄味にするなど、味付けの違いにメリハリをつけ、食事の塩分量を軽減します。また、好き嫌いがある方でも、好きなお弁当を1食から注文可能!

食べたい時に電子レンジで温めるだけなので、食事の準備も楽チンです7食分のおまとめ注文で全国送料無料!管理栄養士監修の腎臓病の患者の方に合わせた豊富な献立が揃う、安心安全な冷凍宅配弁当『彩ダイニング』のオンラインストア

彩ダイニング

日清医療食品は医療施設の食事サービスNo.1

食宅便

食卓便
会社名:日清医療食品株式会社
本社所在地:東京都千代田区丸の内2-7-3-20F
電話番号:03-3287-3611

日清医療食品は、全国の病院・介護施設への食事宅配サービスシェアNO.1。自宅に届く「食宅便」は、冷凍のおかず7食セット。1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使った5つのおかずで構成。それがレンジでチンすれば、いつでもお手軽に召し上がっていただけます。冷凍だから、毎日届いてしまう宅配弁当とは違い、必要のないときは冷凍庫にストックしておけます。

食宅便

腎臓は1度機能を失ったら元に戻りません

残念な事に慢性腎臓病では腎臓機能がある水準まで下降してしまうと、腎臓はもとに元通りになりません。慢性腎臓病においては早期発見・早期治療によって、腎臓の機能をこれ以上悪化させないことが極めて重要です。

慢性腎臓病の治療法は、毎日の生活習慣の好転、食事療法や薬物療法による血圧調整、貧血是正、脂質代謝管理、糖質代謝管理、塩分制限などを総括的に実施することが必須です。

また、疾病の進行具合や症状に合わせた、適確な診察・治療を実施するために、定期的な検査が大切です。万一、腎臓機能が低下してしまっている際には、進行を遅延させる治療が大事です。このケースも総括的な管理が必要になります。

食事を低たんぱく質にするには

たんぱく質をとると老廃物が出るため、これを排泄する腎臓に負担がかかります。腎臓の負担を最小限に抑えるには、良質なたんぱく質を適量とることが大切です。

加工食品は食べない

腎臓病を患った体にとって高品質なたんぱく質の食品とは、魚・肉・卵・大豆製品・乳製品などです。しかし、こういった類の加工食品である練りもの・八ム・べ一コンや市販のお惣菜、冷凍食品等は、塩分が非常に多く含まれており食べないことが賢明です。

穀物のたんぱく質に注意する

白米や麺類にものたんぱく質が多く含ます。そういう理由から、低たんぱく質抑えた米・レトルトごはん麺類も市販されています。このような腎臓病治療用特殊食品を選択すると、主食(ごはん・麺類)のたんぱく質を削減した分、たんぱく質の多い魚類や肉類を多めに食べることが出来ます。

肉料理や魚料理は、視覚的にボリュームアップさせる

腎臓病の患者の方の調理はちょっとしたアイデアが必要です。例えば、スライスした肉類は野菜を芯にして巻き込んだり、全粒粉のパン粉などの衣をつけて油で揚げると、少ない量でも視覚的にかさ増しができ、満足感が得られます。えびなどの甲殻類や貝類は、殻ごと料理するのが量を多く見せるコツです。

肉類・魚類を野菜といっしょに串に刺して焼くのもいち押しです。肉類は炒飯など、主食に混ぜ込める料理だと見た目に多く見えます。

塩分を制限しながら旨味アップ

塩分は腎臓から排出されるため、摂取過多は腎臓に大きな負担をかけます。腎臓病の方が食べる料理も塩分を抑え、アレンジしだいで美味な食事が可能です。

香辛料・香味野菜をうまく使う

香辛料(からし・唐辛子・こしょう・山椒・わさび)や香味野菜(しょうが・にんにく・ねぎ・大根おろし・大葉・木の芽・イタリアンパセリ等)を調理に利用することで薄味でも旨味のある料理に仕上げられます。

焼き物料理を作る

焼き目をしっかりつけた焼き魚を、焼き立てで食べると、振り塩をしなくてもおいしく食べることができます。 幸げ目や温度も、料理をおいしくしてくれます。

新鮮な食材をしっかり取っただしで料理する

料理には新鮮な食材を使うのが、塩分を制限するコツです。だしの旨味をきかせて調理すると、薄味でもおいしい料理を作ることができます。加工食品や干物には、塩分が多く含まれていますので可能な限り控えること。

腎臓病の病状の進行を遅らせるには毎日の生活習慣を改善する

喫煙は慢性腎臓病の発症・進行に深く関わっていると考えられます。喫煙は腎臓病をはじめ、生活習慣病などいろいろな病気の元凶でもあるので、まず第一に禁煙することが必須要素です。

適量の飲酒は、慢性腎臓病の危険因子とはなりませんが、過剰な飲酒は、慢性腎臓病や末期腎不全の危険因子となるので注意が必要です。

糖尿病や高血圧症の発症を抑制したり、適切なウエイトを持続するためにも運動することが肝要です。自身の体力や体調を考慮して、継続的に適度な運動をおこないましょう。

不規則な暮らし方や無茶な残業で起こる過労を回避し、良質な睡眠を十二分にとりましょう。腎臓病には過度なストレスも天敵になり得ます。

慢性腎臓病の発症・進行を遅らせる生活習慣はメタボリックシンドロームと類似しています。つまるところ、これらの生活習慣を是正すれば、慢性腎臓病をはじめいろんな病気を防御することができます。

腎臓病の食事宅配サービスの満足度は高い

腎臓病の食事宅配サービスの利用者396名対象に調査した『宅配治療食利用者の現状に関するアンケート調査』という論文が日本栄養士会の雑誌に掲載されました。

その要旨を引用します。
宅配治療食利用者の現状を把握することを目的とし、エネルギー調整食・たんぱく質調整食の利用者を対象に、アンケート調査を実施した。396名の調査結果を集計・解析したところ、70歳以上の利用者が76.0%であり、家族と同居している者が65.4%であった。
宅配治療食の利点としては、「適量が分かるようになった」 等、「食事療法に役立った」 と回答した者が上位を占めていた。栄養指導を受けた経験のある者は、57.0%であり、栄養指導を受けたことがない者と比べて、「減量できた」、「血糖値が改善した」 等、健康状態が改善したと回答した者の割合が、高い結果であった。
利用者は糖尿病をはじめとし、糖尿病性腎症、慢性腎不全といったさまざまな病態を持つ者が、混在していることが明らかになった。利用者が病態に応じた食事を選択できているかどうか不明である。
今後、栄養指導に関わる医師・管理栄養士等の医療従事者と、宅配治療食業者が患者の病態に関する情報を、個人情報に配慮しながら共有していく必要があると考えられた。

アンケートの内容的には、満足している利用者が90%程のようです。アンケートの項目別の内容は以下のグラフに掲載しています。

「宅配治療食の利点-食事面以外」グラフの「買い物の負担が減った」「調理の負担が減った」という部分が、腎臓病の食事宅配サービスを利用する最大のち利点だというのが非常によくわかります。


宅配治療食利用者の現状に関するアンケート調査グラフ

食事宅配サービス利用者の年齢に関しては60歳以上の人が95%を越えています。この数字に関しては、やはり年齢が高くなるほど食事の準備をするのが大変になってくるということでしょう。以下、腎臓病の食事宅配サービスの利用者年齢別グラフです。


食事宅配サービスの利用者年齢別グラフ

食事宅配サービスの利用者の家族構成に関しては、70%が家族と同居で、その内訳は夫婦2人暮らしと息子・娘世帯と同居が半分づつになります。1番問題なのは30%がひとり暮らしということです。しかも、高齢者のひとり暮らしです。

健康で、ひとり暮らしであっても高齢者になるといろいろと生活面で大変です。ましてや、腎臓病を患っていると生活面での苦労があることは容易に想像できます。

このような、しっかりした調査アンケートでも現実が浮き彫りになっている以上、腎臓病の食事療法には食事宅配サービスは不可欠なものではないでしょうか。


食事宅配サービスの利用者家族構成別グラフ

出典:日本栄養士会雑誌 / 57 巻 (2014) 12号 宅配治療食利用者の現状に関するアンケート調査

腎臓病食事宅配サービスを選ぶ時の注意点

腎臓病食事宅配サーピスを選ぶポイントには、はじめに1日でどの程度のたんぱく質や塩分を食べて大丈夫かを認識することからスタートします。

腎臓病食事宅配サービスの冷凍弁当でも、慢性腎臓病の患者さんと人工透析を受けている人患者さんではたんぱく質の制限量が変わってきます。 そう言った理由で1日に食べることのできるたんぱく質の量の制限内で作られている腎臓病食事宅配サービスを選んで下さい。

続いて、白飯付きかおかずのみかを選びます。低たんぱく質の白飯付きの冷凍宅配弁当は手軽ですが、冷凍では食味や食感が若干落ちてしまいます。白飯の量はお弁当だと調整しづらいので、おかずのみの冷凍宅配弁当を注文して主食の白飯は自宅で準備した方が賢明です。

さらに、日々食べる食事なので、継続(注文方法・金額等)が面倒ではないかどうかも大事な点になります。継続可能な料金かどうか、送料無料になる注文金額など比較して腎臓病食事宅配サービスを選択して下さい。

冷凍宅配弁当もタイプが同じメニューが並んでいると飽きてしまいます。毎日様々な食材を使った冷凍宅配弁当が食べられることがベストなので、どれくらいの期間で献立変更があるのかなどを入念に確認してみてください。

実際に冷凍宅配弁当の味を食べてみることのできる、お試しコースや冷凍宅配弁当1個からオーダーできる腎臓病食事宅配サービスがベストです。

腎臓病制限食の宅食サービスを選ぶ時のポイント

  • 冷凍宅配弁当の料金や送料は適切か
  • 継続していくことは可能な料金か
  • 献立やコースは自分の好みにマッチしているか
  • レトルトごはんを一緒に購入できるか
  • 嫌いな食材を使用していないか
  • 自分の病状に合わせた適切な制限量の冷凍宅配弁当なのか

以上のポイントを考慮して、最初は7食づついろんな宅食サービスを利用してみるのが賢い選択ではないでしょうか。宅食サービスを利用してあなたとご家族の手間と時間の負担を軽くしましょう!

ページの先頭へ