クレアチニンを下げる食事

クレアチニンを下げる食事

腎臓は自覚症状が非常に出にくく、1度悪くなると回復しない臓器です。クレアチニンクリアランス(クレアチニン値)に注意して下さい。腎臓に機能障害を起こしている場合、適度なタンパク質摂取は問題ありませんが、取り過ぎは禁物です。腎臓病食事療法の観点からたんぱく質を制限する必要があります。

また、塩分も腎臓に直接負荷をかけるので、たんぱく質同様、減塩しなくてはなりません。これらをしっかり管理できないと腎臓にダメージが蓄積され、腎臓の機能障害がさらに進行します。

腎臓が機能障害を起こしている場合は、他の病気も誘発する可能性が高く、重篤な合併症を引き起こします。徹底した腎臓病食事療法が、医師や管理栄養士の指導のうえで必要になってきます。

たんぱく質と塩分の制限について

腎臓病の食事は、たんぱく質と塩分を減らすことがメインになります。腎臓病の食事制限は、腎臓病の進行度合いが初期の段階から始めなければ良い結果は得られません。

腎臓病の食事を制限するのは、非常に辛いことですが食事制限を疎かにすると最終的には腎臓病の機能障害が進行し、最終的に人工透析への道をたどることになります。

たんぱく質と塩分の計量

たんぱく質・塩分の量は毎食ごとに、しっかりと計算する必要があります。スープや煮物の混ぜ合わせる料理は、材料を混ぜ合わせる前に、塩分を計量します。外食の場合など出来上がった料理の塩分を計量する時は、タニタの塩分計『しおみくん』を使って計量します。

タンパク質も純粋なタンパク質の量を実際計算は非常に困難です。例えば100gの肉でも水分と油を含んでいるので、純粋なタンパク質の量は分かりません。

『腎臓病の人のための早わかり食品成分表』で、鶏肉100gでたんぱく質○○gと掲載されているので、おおよその計量はできます。

結局のところ、塩分とタンパク質の含有量の計量は難しく、分量を徹底的に管理するには病院や管理栄養士の指導を受けるのが賢明な選択といえます。

腎臓病の食事で着目すべき食品

腎臓病の食事で重要な栄養となる、血液をサラサラにする玉ねぎ、青魚、クエン酸は特に腎臓に良いとされる食品です。

体内毒素の排出を促進する葉酸を含有する野菜、海藻も有効な食品です。腎臓、肝臓に良いとされる「しじみ」を摂取することもおすすめです。

逆に、ラーメンやみそ汁などの汁物は、塩分を余さず摂取することになるので、腎臓病の食事としては、避けるのが賢明です。

制限食について

腎臓病の食事療法はとても大事な治療ですが、独身の方や老人の方はとても大変です。数名以上の家族であれば、経済的でボリュームのある料理を食べられますが、高齢者のおひとり暮らしや、独身の方の場合の料理は、とても非効率です。

コンビニやスーパーの弁当という選択もあるのですが、それらのお弁当は味付けが濃いうえに、たんぱく質・塩分ともに計量されていません。

これでは、腎臓病食事療法という観点から好ましくない結果となります。

低たんぱく食・減塩食

アマゾンや楽天でも腎臓病の食事を作るための低たんぱく食・減塩食は販売されていますが、料理をすることが無理な環境の方もいらっしゃいます。

ひとり暮らしで、料理をするというのは、大変非効率的ですので、結局、腎臓病食事宅配サービスが一番良いということになります。

腎臓病食事宅配サービスはたくさん会社がありますが、特に低たんぱくもしくは減塩が選べる「ウェルネスダイニング」、送料無料の「彩ダイニング」、「宅食便」のケアシリーズがおすすめです。

腎臓病食事宅配サービスは、健康な方が食べても満足できるほどの食事なうえ、安価で継続しやすく栄養バランスが取れており、腎臓病の食事療法の助けになるのではないでしょうか。


          
        
ウェルネスダイニング

ページの先頭へ